メンバーを管理する

📌
メンバーとして参加することで、各種データ(資本政策・ライブラリ・経営情報等)の閲覧権限や編集権限を付与することができます。 社内メンバーだけでなくアドバイザーなどの社外の個人に編集権限を付与をすることも可能です。
目次
画面右上のプルダウンメニューから「メンバー管理」をクリックします。

・メンバー管理画面について

こちらの画面よりメンバー名・メンバー区分(社内・社外)・役職・Email・所属グループ・ステータス・二段階認証が確認できます。
※社外メンバーの二段階認証設定状況は表示されません。

1.自社メンバーの追加

画面右上の「メンバー追加」をクリックします。
メールアドレスを追加し、追加するメンバーのメンバー区分を選択して「保存」をクリックします。

1-1.メールの送付

追加したメンバーのもとにメールが届きます。メール内の「新規登録」をクリックすると、アカウント登録ができます。

1-2.新規自社メンバーの登録後

新規登録したメンバーの方は、新規登録完了直後、権限を付与されていないため、利用できる機能が大きく制限されています。そのため、管理者の方によって権限付与が必要になります。

2.権限グループの設定

メンバーを追加した方(管理者)のアカウントで、「メンバー管理」の中の「権限グループ」タブを選択してください。
📌
フリープランの場合、メンバーの追加は3名までしか追加できません。 また、選択できる権限グループは管理者のみとなります。

2-1.グループの作成

右上の「権限グループを追加」から新しい権限グループを作成できます。
名前と各項目に対する権限を設定して権限グループを追加します。

2-2.権限グループの編集

作成したグループ名右側の三点リーダをクリックし、「権限グループを編集」を選択すると、グループの名称や権限を編集できます。*権限グループの削除も行えます。

2-3.メンバーに権限付与

メンバーを追加した方(管理者)のアカウントで、メンバーの右側の三点リーダーをクリックし「編集」を選択してください。
権限グループを選択できます。(プロプラン限定)
メンバーが権限グループに所属すると、その権限グループに付与されている権限がメンバーにも与えられます。
 

・会社のメールドメインの設定

「会社アカウント」より、メールのドメインの設定が可能です。
まず、「会社アカウント」よりタブ「設定」を選択してください。
次に、会社メールドメイン欄の右端の三点リーダーより、「会社メールドメインを設定」を選択。
最後に、会社メールドメインを入力して保存してください。
会社メールドメインを設定すると、該当メールドメインのメールアドレスで新規アカウント登録しようとしても登録はできなくなり、その代わりに会社メールドメインを設定した会社アカウントの管理者(赤枠内のメールアドレスの方)への参加申請を送れるようになります。
設定されているメールドメインを使用して新規アカウント登録しようとすると、下記のように該当する会社のメンバーとして参加するための申請画面に遷移します。
参加の申請がされると該当する会社の管理者アカウントから申請の承認・拒否を行えます。
 

関連記事

 
📌2024年3月21日に、決算情報に新しい項目を追加するアップデートを実施しました。 アップデート前にサービスと連携していた場合は、新しく追加された項目が空欄で表示されることがあります。 空欄の項目に情報を追加するためには、「外部サービス連携」機能より、ご利用の会計ソフトに合わせてデータを手動で取り込む必要があります。 なお、データを取り込む際には、「手入力したデータへの上書き」設定を「する」に変更してください。2024/4/5 3:082024/4/5 7:02